So-net無料ブログ作成

#41 最近、観終えた物語(映画編II)・・・ [映画]

の何ヶ月かは、以前観た作品や初見の作品など結構映画をいろいろ観た。
 媒体はレンタルしたDVDやテレビで放送したものの録画など、さまざまだけど――折角チェックしたからには簡単にでも、思ったことなどを纏めておこうと思い久々にこうしてブログ記事を書いている。

 アレコレ近況を述べていても仕方がないので、早速本題へ! 一応ネタバレもあるので未見の方は注意。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人/ダニエル・ラドクリフ[DVD]【返品種別A】
ハリー・ポッターと炎のゴブレット/ダニエル・ラドクリフ[DVD]【返品種別A】
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団/ダニエル・ラドクリフ[DVD]【返品種別A】
[枚数限定][限定版]【初回限定生産】ハリー・ポッターと謎のプリンス 特別版/ダニエル・ラドクリフ[DVD]【返品種別A】


 まずはコチラ、『ハリー・ポッター』シリーズの3~6作目。


去年の10~11月にかけて日テレの「金曜ロードSHOW!」で放送していたのを録ったもの。
 ハリポタは、そこまで「好き!」というわけではないけど……やはりファンタジー系の中ではツボ要素(全体的な世界観やフクロウのヘドウィグ、屋敷しもべのドビーといったキャラなど)も沢山あるし、1~2作目は結構印象に残っていたので“折角テレビでやるなら”と観てみることに。

 3作目の『アズカバンの囚人』は、DVD発売当時に観た――が、結構内容は忘れてしまっていた。その為、この話は“薄れた記憶の補完”的な意味合いも自分の中では強かったかも?
 このエピソードで個人的に大きなポイントだな、と感じたのは。やはりヒッポグリフのバックビークか。あと狼人間のルーピンなど、ケモ的にもいろいろオイシイ要素が沢山含まれていたのも「いいね!」な点。そしてストーリーも中盤からラストへかけてなかなか綺麗に収束する感じで、巧いなーと思える構成だったのも良かった箇所かな。

 4作目以降は初見。公開されたのは随分と前ですが、まっさらな感覚で鑑賞ができましたw。
『炎のゴブレット』は始まって早々、死喰い人の襲撃シーンで「何だ何だ!?」という展開。あとハリーが仲間だけでなく学校全体から孤立したり、魔法学校の生徒が殺害されたりと……いままでに比べると若干ダークな雰囲気が全体的に漂っていましたねー。宿敵・ヴォルデモートが復活してしまったのも、この回の重要な出来事。
 5作目『不死鳥の騎士団』では、やはり「アンブリッジ腹立つ!」というのが全体的な感想かw。まあラストでは溜飲が下がるような形になっていたので、作品としては後味が悪いわけじゃないのでそこは幸いかも。
 それ以上に悪印象が顕著だったのは、ハリーの父・ジェームズの方。中盤、スネイプ先生の記憶が見られる場面があるけど――それまで“偉大”とか、良いイメージだったこの人の見え方がこんなに変わっちゃうとは思わなかったなー。
 続く6作目『謎のプリンス』は最終章のひとつ前ということもあり、いままで曖昧だったところがいろいろと判ってくるエピソードでしたね。そして、1作目からずっといろんな意味で大きな存在だったあの人が命を落としてしまうのは……辛い場面だった。

 やや駆け足気味でしたが、この4作を観て感じたことはこんな感じ。
 テレビ版だったので各章結構なカットが入っているのと、エンドロールもワイプでの早送り仕様だったのであまり余韻に浸れなかったのは残念ですが――まあ無料で楽しむ以上は仕方のないことですな。でも今回を機に、ハリポタのお浚いができたのは割と収穫だったかなとも思える。
 最後の『死の秘宝』前・後編は前にテレビでやっていたのを少し観た気がするけど、殆ど憶えていないので後で改めてチェックしてみようかなと思う。

アーサーとミニモイの不思議な国/フレディ・ハイモア[DVD]【返品種別A】


 ファンタジー繋がり、というわけではないがフランスの映画『アーサーとミニモイの不思議な国』も最近観た作品のひとつ。
 コチラは久々の鑑賞でしたが、改めて作品について調べたところ“この映画は三部作”というのを初めて知りました。ただレビューなどを読んでみると、あとの続編はこの1作目ほどの評価は得られていないんですよね。2作目に関しては「短過ぎ!」「CGパートが物凄い減った」「(まるで3作目へと繋げるかの如く)中途半端なところで終わってしまう」といった声もあるくらいで。
 レンタルとかであれば探してみようかなーと思うけど、意外に自分の中でもこの回だけで「良い感じに終わっている」という印象もあるから“なければないで、いっか”とも思ってしまう。

 取り敢えず、今回はこのくらいで。
 今回は洋画ばなし、みたいな記事になったので次回では邦画メインで書きます!
nice!(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1