So-net無料ブログ作成

#27 映画である必要性・・・ [映画]

回は、結構久々(2年2ヶ月ぶりw)に映画の話を。

【送料無料】ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック/有野晋哉[Blu-ray]【返品種別A】


 セレクトした作品は『ゲームセンターCX』の映画版。単刀直入に、このDVDを観て感じたことを挙げるとしたら。
「完成したものをブチ壊してどうする?」という点。

 自分は、この番組が好きでDVD-BOXも購入していますが――正直この映画は、いつぞやの『弟切草』『かまいたちの夜』を実写化した時のような「何コレ」感いっぱい……という印象でした。まず、そもそも「映画なの?」と思いましたし。その点では、ちゃんと映画・ドラマとして制作していたチュンソフト作品の方が、まだマシだったかもしれません。
 この映画で主に使用されている『マイティボンジャック』はDVD-BOX4に“完全版”として収録されていますが、そのバージョンは「見事」と感じるくらいに綺麗に纏められています。そちらを知っていると、この映画に入っている“有野の挑戦”パートは文字通り【蛇足】なアレンジとしか言いようがないというか? 寧ろ、その素晴らしいオリジナルを自ら穢しているような……ファンに向けての映画が、逆にファンにさえ「やめてくれ!」と思わせてしまうような内容になっていると感じました。これではファン以外の人では入る余地も少ないのでは? 既述のチュンソフト作品も同じように、その作品のファンもそうでない人も混乱するような感じだったという点では共通している気がしました。映画に合わせての編集も「えっ、あそこ(面白いところ)カットしちゃったの!?」という部分ばかりですし。
 昔といま(収録当時)を交互に、という情報を聞いていたので例えば挑戦1日目に有野さんが話していた「あの頃は、このあたり(序盤)ばかりやっていたわー」という話から、その時代に場面が変わりゲームに熱中していた時代へオーバーラップするとか……そうして思い出を辿りシーンが交互に変わりつつ、やがて元の時間に戻る。たとえ、そういう課長のゲームヒストリーっぽい感じになろうとも何かしら本編とリンクするようなストーリーかと思いきや殆ど関係ないという(そして、その追加部分の話も「何やねん!」と突っ込みたくなる箇所が多い)。
 そもそも“いま”の時代のパートが放映された番組そのもの、というのも違和感がある。
 この映画を観ようと思う人はCSなりDVDなりで、この回を既にチェックしている人も多いと思う。つまり観る前の段階で良い記憶として刻まれているのに大スクリーンで、それの編集版(はっきり言えばオリジナルに比べ劣ったバージョン)が流れてきたらどう感じるか? ミネラルウォーターに水道水を混ぜるような無駄で、かつ勿体無い結果になりはしないだろうか。
 折角『ゲームセンターCX』を映画に、という感じだったんだから“有野課長”を主人公とし、彼が働く会社と社員たちの物語……みたいに設定を膨らましても面白かったのでは、と思う。どうせ特別版ならジャニーズの『ファンタスティポ』や『エイトレンジャー』といった映画みたいに思い切った形でやってもらいたかった。

 良かった、と感じたのは怒髪天が歌うエンディング曲『プレイヤーI』。
 もし脚本が、この歌(というか詞)をラストに聴いて「感動した」って思えるような内容だったら雰囲気は全然違っていたと思う。そういう意味でも、この作品は中途半端な印象が強いのは否めず“映画”としてやる必要性が感じられない一作というのが正直な感想です。
nice!(1) 
共通テーマ:映画

#26 ボカロの記憶『イージーデンス』編・・・ [音楽]

「思ったことを、その時に」。
 それを実践した結果が、このこまめな更新。いままでは、そうしたくてもエネルギー不足だったり余力があっても「まあいっか……」と流してきてしまった。まあ、こういうのだって自分でも「いつまで続くかな?」と内心ほくそ笑むように思っているのだが。でも自分は、不思議なことに過去ブログでそういったことを書くと逆に気持ちが持続したり結果的に継続できたりすることも多い。まるで“フラグ”のように。
 続くにせよ、そうでないにせよ。自分や読んでくださる方が楽しめていればOKという感じかなー。

 前置きはさておき。
 今回は前回の最後で話していた“各曲に関する思い出”を書いてみようかなと思う。題して『ボカロの記憶』! シリーズ(?)1回目は初音ミクの楽曲である『イージーデンス』について(最初は『千本桜』が筋かな、とも思ったけど前の記事で少し書いたし、またこの曲に関しては多くを語る必要もないかなと感じたので変えました)。
 それではレッツラゴー! (古いw)

続きを読む


nice!(1) 
共通テーマ:音楽

#25 選曲は難しい作業也・・・ [音楽]

回に引き続き、お気に入りボカロ曲の話。
 途切れがちなブログ更新の中で、こうして続きを(5日も間が空いてしまったとはいえ)書いているというのは自分としても珍しいというか“進歩”のように思える(そんな大袈裟に言うことでもないし胸を張るようなことではないんだけどw)。でも、それだけこの件は纏めておきたかった話という証かもしれない。
 まあ一気にやらずとも、こんな風に分割させることも物事を進めるには必要かもしれませんよね。

 前の記事で「1日3曲くらいずつ」とか言っていたけど、それだと時間も更新回数も増えてしまうから取り敢えず「この曲は絶対入れる!」というのを順不同でもいいから挙げてみて後から曲順を調整すればいいんじゃないか、と改めて考え思った。こういうのが“時間が教えてくれる”というやつなのかも?
 幸いにも、そうしたお気に入り曲は殆どが動画を観た時にツイッターへ紹介するようにしていた。つまり、Twilogなどを参照すれば粗方のものはすぐに思い出せる。
 そんなわけで今回はダーッと簡易版リストをつくってみようと思う。

 昔、普通に使用していたカセットテープやMD、CD-Rに入る時間である60~80分(3,600~4,800秒)を基準というか目安に挙げてゆくと……。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

#24 MY BEST SELECTION・・・ [音楽]

「結構ボカロ曲やUTAU曲とかでツボな作品が増えてきたから、また昔のカセットテープやMDのように『MY BEST SELECTION』をつくりたくなってくるw」
 ツイッターで、そう呟いたのは 先月末 のこと。
 まあ、いまは携帯型音楽プレーヤーも殆どが本体へ保存したデータを再生するとかして聴くタイプが主流になってしまっているし自分としても前のように“外で音楽を”という気持ちも少なくなっているから、そういうメディアを作成するとしても室内での個人的な鑑賞や作業時のBGM用として聴く為のCD-Rという形になるでしょうけどね。
 でも、こういうのをその時々につくっておくことで、よくある『~年代ベスト』の個人版ができるわけですし要所要所で纏めておくのは割と重要なことかもしれませんね。
 自分って、こういうのが好きなんだーというのも判って面白いですし。

 そんなわけで、今回はコンピCD風にツボと感じたボカロ作品をセレクトしリストにしてみようかな――と思います。
 いきなり60~80分相当の曲数を選ぶのは大変なので、1記事3曲ぐらいずつ何回かに分ける感じで……ってなると次の更新がされないこともよくあるんですがw。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。